不動産が扱う新しい賃貸住宅形態

最近シェアハウスが注目されています。 クリエイティブな仕事を持った若い人たちが集まって繋がりを仕事に生かすシェアハウス、婚活中の人が集まるシェアハウス、色々なシェアハウスがあるようです。 先日、シェアハウスで生活していた人のドキュメントを見ました。仕事から帰宅しても大勢の住人がリビングにいるのが当たり前の生活をしていると、シェアハウスを出て1人暮らしをしても淋しくなってしまうそうです。なので、住んでいなくてもシェアハウスに通うようになり、今ではほとんど1人暮らしの家には戻っていないそうです。

私などは新しい賃貸住宅ということでパッと思いつくのが高齢者向け賃貸住宅とシェアルームの両者です。タイムリーなことに何日か前にニュースになったのでシェアルームのメリットとデメリットについて書いてみようと思います。どこでしたか国内のシェアハウスに居住する子持ちの独身女性がハウスメイトの独身男性と同一住居という理由だけで既婚とみなされ国の特別手当を受け取れないという内容だったと記憶しています。シェアハウスの需要は年々伸びているようですが独身男女ならまだしもシングルマザーがあえて他人と同一住居に、というのも子供の教育上どうなのか、といったコメンテーターもおりました。いろんな記事を読んでみますとシェアハウスにかかる家賃や維持費は単独で賃貸住宅に住むのとどっこいどっこいでさほど安価ではないようですが、異業種の人たちと繋がっていられるとか生活に張りがでる、女性でしたら防犯面も安心といった理由で好まれているようですね。洗濯のお当番やゴミ出し当番、はたまたキッチンやバスルームの共有など内部事情はわかりませんがお互い家族でもないのにルールを順守しなければならないシェアルームは何かと気を遣ってしまいそうです。

土地活用の面から考えますと戸建賃貸はアパートやマンションに比べてわずかな敷地からはじめることができその希少価値から安定した顧客を呼び込めると考えられています。戸建賃貸経営によって所得税や住民税などの税金対策にもなるそうです。ほかには高齢者専用のコミュニティ賃貸住宅などがあります。介護サービスを充実させ土地資産の運用をはかるそうです。また私営で有料の老人ホームにするなど高齢者向けの賃貸住宅は立地をさほど重視せずに投資や土地活用ができそうです。

近年、様々なタイプの住宅が登場していますが、皆さんは不動産が扱っている新しい住宅形態として、シェアハウスというものをご存知ですか。これは、最近注目の新しいライフスタイルといえます。シェアハウスの注目度は年々増加しており、年間30%ずつシェアハウスの物件数が増加しているそうです。そもそもシェアハウスはどういうものかというと、管理会社がシェア用の施設として運営し、ひとつの住居を複数の住人で共有するスタイルの物件です。住民に一人一人の部屋が用意され、トイレやバスなどの設備は共用になっているケースが多いです。このような住居形態には、いろいろなメリットがあります。たとえば、入居時の費用が安く済むことです。たとえば、一般の不動産物件なら初期費用に数十万、月額の家賃が7万円なんてざらにあります。しかし、シェア物件なら、初期費用0円で月々5万円というお得な値段で済みます。1年間で換算した場合、かなりのコストが浮く計算となります。それと、入居時に家電や家具をそろえなくてもいいです。

不動産が扱う新しい賃貸住宅形態

土地活用の面から考えますと戸建賃貸はアパートやマンションに比べてわずかな敷地からはじめることができその希少価値から安定した顧客を呼び込めると考えられています。戸建賃貸経営によって所得税や住民税などの税金対策にもなるそうです。ほかには高齢者専用のコミュニティ賃貸

春日部 不動産
463

賃貸の不動産物件を選ぶポイント

賃貸の不動産物件を探す上で、わかりやすいポイントになるのは日当たりです。日のよく当たる家は、室内も乾燥していて、梅雨時でもカビや湿気で困る心配が少ないですし、建材の湿気による傷みも軽減されます。洗濯物もよく乾きます。日当たりが良いことで室内も明るいことが多く、昼間の電灯の節約などもできます。ただし、最上階は照り返しが強く、夏場の夜間などに気温が下がりにくいことがありますので選択の際には注意が必要です。

Copyright ©All rights reserved.不動産が扱う新しい賃貸住宅形態.